IT導入検討

会員限定

ヴイエムウェア株式会社提供コンテンツ

2017年10月06日

【事例:味の素】ネットワーク仮想化で機器台数は1/6に グローバルで価格競争力の高い次世代プライベートクラウドを創る

導入事例

世界各国に商品を提供する味の素グループでは、各グループ企業がそれぞれの国と地域のニーズに独自に応えられることを重視している。そのためには、画一的なサービスを提供するのではなく、柔軟性および価格優位性の高いインフラサービスを提供することが重要と捉えている。その基盤を構築するため、2007年ごろからVMwareによるサーバー仮想化を図り、高い効果を上げてきた。さらに2015年の更改では、VMware NSXを導入して仮想化をネットワークまで広げ、キャパシティや運用効率のさらなる向上に成功した。

ページ数:2ページ

概要
●価格競争力のあるインフラでシステムの統合を目指す
●パブリッククラウドサービスと比べても高い価格優位性を達成
●ネットワーク仮想化によって機器台数は6分の1へ

この続きは会員限定です

特集ページ

関連コンテンツ