IT導入検討

会員限定

日本マイクロソフト株式会社提供コンテンツ

2018年01月12日

IT投資の前に語るべきは企業のグランドデザイン、今こそ"真の"生産性向上改革を

製品資料

日本企業のクラウド、モバイル、ビッグデータへのIT投資は活発だ。しかし、それによって自社の業績が向上したと明確に答えられる企業は、けっして多くはないだろう。現実には、クラウドサービスの導入・管理の容易さが、部分最適を蔓延させている可能性さえある。10年前、20年前に比べたら、ITに関する知見を持つ企業人は圧倒的に増えたが、一方でビジネスのグランドデザインを語れる人材は減っているのではないか。本資料では、日本企業のIT投資が抱える問題点を浮き彫りにし、真の生産性向上に必要な取り組みは何なのかを明らかにする。

ページ数:5ページ

<目次>
●IT投資の目的が不明確になっている
●導入しやすいクラウドサービスで部分最適が蔓延
●IT活用の前に、企業のグランドデザインが必要
●企業活動を支えるデジタルテクノロジーの充実

この続きは会員限定です

関連リンク