開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/03/28

技術文書

ホワイトペーパー
HCIはどのように検討すべきか? 5つ視点で「自社の最適解」を探す
ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)は、企業のITインフラとして普及が加速し、2019年には市場規模が約50億ドルにもなるという。市場に参入するベンダーも増えたことで、企業は多様な製品を選択できるようになった。本書では現在、人気を博している2製品について「ハイパーバイザー」「耐障害性」「データ効率」「データ保護」「統合型設計」の5つの観点から比較・検証する。「2つの有力HCI製品」を比較することで自社にはどんな性能が必要なのかを見極めよう。
ページ数:5ページ
内容
●ハイパーバイザーのサポートは?
●耐障害性はどのように異なるか
●データ効率の違い
●設計思想や設計方法を検証
●まとめ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!