開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

デジタルテクノロジー株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/06/21

導入事例

ホワイトペーパー
【事例】ジー・プランが“低コスト”で“高スペック”なHCIを導入できた理由
ポイント交換プラットフォーム事業を手がけるジー・プランは、老朽化したシステム基盤を段階的に刷新するため、仮想化環境の構築を開始した。その後、HCI(ハイパーコンバージドインフラ)の導入を目指したが、当初、HCI製品の価格がハードルとなっていた。検討を重ねた同社は、より低コストでHCIを導入できる提案を受け入れた。メインストレージとしてSSDを選択することでパフォーマンスの大幅な向上を図ったとともに、物理サーバを仮想化統合することで運用負荷の軽減を実現した。同社の導入に至る経緯やメリットを紹介する。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●課題1:高い可用性を実現するHCIの予算内での導入
●課題2:ストレージのボトルネック解消とデータベースの仮想化
●課題3:物理サーバの保守期限に振り回されることからの解放
●解決1:2ノード構成で安価に高可用性HCIを実現
●解決2:オールフラッシュ構成とすることでボトルネックを解消
●解決3:パフォーマンスの大幅な向上でデータベースを仮想化
●解決4:物理サーバを仮想化統合することで保守期限を統一

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!