開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/09/04

技術文書

ホワイトペーパー
2025年には750億台に達するIoTデバイス、製造公共領域でのセキュリティ対策とは
2015年には150億台であったIoTデバイスは、2025年には750億台に達すると予想されている。しかし、IoTデバイスのセキュリティや脆弱性に懸念があるのも事実だ。万が一、製造、化学、石油・ガス、公共などの分野で事故が起きると、大規模に広がる汚染、環境災害、さらには個人への危害に結び付く可能性もある。では、IoTのリスクを低減するには、どのような取り組みがあるのか。本資料は、製造・公共分野におけるその詳細を解説している。IoT脅威の検知、暗号化、認証、ネットワーク・セキュリティなど、IoTセキュリティ対策の指針として参考にしたい。
ページ数:8ページ
目次(一部抜粋)
●難攻不落を目指して
●構築と稼働を同時進行させる
●初期段階から実装環境へ
●脅威を見破るには
●「安全に、確実に」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!