開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/09/04

技術文書

ホワイトペーパー
ランサムは減少、PowerShellは増加……世界規模の研究で分かった「攻撃のトレンド」
IBM X-Forceは、世界最大規模のサイバーセキュリティの研究機関である。本資料は、そのIBM X-Forceが過去1年間に取り上げた最も顕著な脅威をまとめた最新レポートである。たとえば、最も狙われやすい業界は依然として金融・保険であり、インシデント全体の19%を占める。また、セキュリティ侵害の57%において、PowerShellなどを使ったファイルを使わない攻撃が選ばれている。さらに、ランサムウェア攻撃は減少傾向にあり、かわりに仮想通貨マイニング・マルウェアが増えている……などなど。膨大なデータから得られた、グローバルにおける最新の脅威トレンドをチェックしたい。
ページ数:36ページ
目次(一部抜粋)
●2019年も続く容赦のない脅威
●最も頻繁に攻撃対象になった業界
●14万件以上の脆弱性
●モノのインターネット(IoT)と製造業のモノのインターネット(IIoT)
●パラダイムシフト:主要なハードウェア脆弱性
●ブロックされた数百万件の悪意のあるドメイン
●この先予想されること

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!