開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社インテック提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/12/27

技術文書

ホワイトペーパー
検査ツールだけではわからなかったサイバー攻撃の標的となるセキュリティの脆弱性とは
企業システムのセキュリティ上の脆弱性を狙った攻撃により大量の個人情報の漏えいや企業の機密情報の漏えいなどの事件が多発している。多くの企業はサイバー攻撃対策の一環として自社システムのセキュリティ脆弱性診断を行っているが検査ツールだけでは見つからない脆弱性もあり、それがサイバー攻撃の脅威に晒されていることがわかった。では具体的にどのような脆弱性がサイバー攻撃の標的となり、対応策を講じるべきか説明する。
ページ数:6ページ
内容(一部抜粋)
●2018年度主な脆弱性
●脆弱性診断のサイクル
●サイバー攻撃対策ソリューション

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!