開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan 合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/10/05

技術文書

ホワイトペーパー
クラウド活用の成否は「データ戦略」が握っている 適切なプラットフォームの条件とは
激しい競争に生き残るため、企業はクラウドの持つ俊敏性や柔軟性といったメリットを最大化し、デジタル変革を加速しようとしている。その一方で、クラウドの導入は複雑さの原因であることにも注意が必要だ。企業の中には複数の段階でクラウド移行を進めているところがあるが、そうした移行プロセスの扱いを誤ることは企業の長期的な成功を妨げるものになりかねない。そこで本書は、適切なデータプラットフォームによる「データ主導型戦略」策定の重要性を説く。「クラウド導入のどの段階でも役立つ」「あらゆる種類のデータを収集する」など、データプラットフォーム整備に必要な要件は、ぜひ本書を確認してほしい。
ページ数:10ページ
内容(一部抜粋)
●クラウドに伴う新しい課題
●クラウド戦略のためのデータ戦略
●データ戦略を促進する適切なプラットフォーム

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!