開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan 合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2020/12/18

技術文書

ホワイトペーパー
2021年のセキュリティ動向と戦略 ゼロトラストの流れは続くのか?
年々激しく巧妙になるサイバー攻撃。その中でも2020年は特別な年だった。新型コロナウィルスの感染拡大による出社制限によりテレワークが一気に普及し、ITセキュリティチームが守るべき範囲は一気に拡大。それによって、社内と社外に境界を設ける従来の方策では防御しきれなくなったからだ。こうした背景から、情報セキュリティのトレンドは、一気にゼロトラストモデルとそれを前提としたエンドポイント保護に移行しようとしている。この流れは2021年も続くのだろうか? だとしたらどんなセキュリティ戦略が考えられるのか? セキュリティ・モバイル・人材活用・機械学習など各分野のエキスパートが回答を提示する。
ページ数:23ページ
目次(一部抜粋)
●エンドポイントのセキュリティとゼロトラストモデルへの注目が一層高まる
●攻撃者はテレワーク奨励の状況を利用してより巧妙な手口を編み出す
●急速に進むDXによてSOCでのAI活用が進む
●二要素認証が必須になる
●攻撃者が新たに導入されたテクノロジーやM&Aの不備を探る
●リモートワークの新しい枠組みでセキュリティ人材不足が緩和される

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!