開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

RSA Security Japan合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/05/21

技術文書

ホワイトペーパー
セキュリティにAI導入で「アラート疲れ」? 未知の脅威を高精度で発見するには
サイバー攻撃は、日々高度化・複雑化している。特に問題となっているのが、シグネチャをはじめとする従来の技術で検出できない未知の脅威だ。現在、その脅威を検出する技術として最も期待され、かつさまざまな製品で導入がすすんでいるのが人工知能(AI)である。ただし、検出の精度が低いと、多数のアラートが出て、セキュリティ運用者はその対応に追われることになる。本当にリスクの高い脅威を高精度で検出するAI活用はどうすれば良いのか。本資料では「教師なし学習」により、ルールやシグネチャなしで未知のマルウェア、内部脅威、総当り攻撃などを高精度で検出できるクラウド型の最新セキュリティ対策を解説する。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●日々進化するサイバーセキュリティイノベーション
●クラウド型の仕組み
●ふるまいベースの検出

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!