開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Sansan株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/05/28

技術文書

ホワイトペーパー
経営学の専門家が解説、リモートワークが“死語”になる時代に求められる顧客基盤とは
コロナ禍でリモートワークが拡大し、時空間に縛られないフレキシブルな働き方が拡がりつつある。「いずれは『リモートワーク』という言葉自体が死語になるでしょう」と述べるのは、立教大学 経営学部教授の中原 淳氏だ。同氏は、その結果、企業と個人の関係も変化するという。そこで重要になるのがデータ活用だ。本資料は、経営学の観点から、コロナ後の働き方とデータの関係、そして“名刺”を起点に分析可能な顧客データベースを構築する方法を解説する。
ページ数:17ページ
内容(一部抜粋)
●企業を取り巻く環境
●インフォーマルな情報が見えなくなる
●「自分で自分を経営する」意識を持つ
●不揃いなデータを蓄積しても分析も活用もできない
●企業内の"活用できる"顧客データ管理を実現

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!