Sansan株式会社 提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/05/28 掲載

商談の質は「顧客情報の理解」で決まる?ダメダメ「マーケ・営業部門」の特徴とは

記事をお気に入りリストに登録することができます。
コロナショックをキッカケに企業のデジタルツールの導入が加速したが、売上などの成果につなげられている企業は少ない。たとえば、「マーケティング部門と営業部門などで導入しているツールが異なり、同じ顧客データであるにも関わらず、連携がとれていないために有効活用できていない」といった声すら上がっている。このように、単にツールを活用すれば企業のDXが実現できるわけではないのだ。何に気を付ければ成果につながる改革となるのだろうか。

photo
社内に集まる顧客データを効率よく管理・有効活用できる組織になる方法とは?
(Photo/Getty Images)
 

「コロナ対応でDXが進んだ」と回答した企業は50%に上るが……

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、対面による商談が難しくなるなど、企業活動には大きな影響が出ている。多くの企業がパンデミック対応に追われているが、これが従来から指摘されてきた企業課題の1つであるDXへの取り組みを推し進めている側面もあるようだ。

 電通デジタルが実施した「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション調査(2020年度)」によれば、「新型コロナの影響によりDXが加速した」と答えた企業は50%にも上る。

画像
新型コロナの影響によりDXが加速した企業は多い

 実際に、コロナ対応に伴いWeb会議ツールなどをはじめとしたデジタルツールの導入が進み、アナログ業務のデジタル移行が加速した企業は多いはずだ。

 しかし、IT投資が進んだものの、顧客に対する価値提供につなげられている企業は少ないようだ。その理由はどこにあるのだろうか。IT投資が成果につながる企業と、そうでない企業の特徴を見ていくと、両者を分けるポイントは、「データの管理の仕方」にありそうだ。

この記事の続き >>
・IT投資がムダになる企業にありがちな特徴とは?
・正確な顧客分析には何が必要か?
・部門ごとに管理しているバラバラデータに横ぐしを通す方法
・営業DX事例、Salesforceとの連携も

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • ここでしか見られない

    1万本超のオリジナル記事が無料で閲覧可能

  • 多角的にニュース理解

    各界の専門家がコメンテーターとして活躍中!

  • スグ役立つ会員特典

    資料、デモ動画などを無料で閲覧可能!セミナーにご招待

  • レコメンド機能

    ​あなたに合わせた記事表示!メールマガジンで新着通知

関連タグ



処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​