開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

タレスDIS CPLジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/05/28

技術文書

ホワイトペーパー
NISTによるゼロトラストに向けた「ブループリント(概要設計)」、3つの方法とは?
コロナ禍での在宅勤務の急増やDX推進などから、リモートアクセスの利用が急増した。そのため、セキュリティの観点で「決して信頼せず、常に検証する」との信条に基づいた「ゼロトラスト」の考えが広がりを見せている。そんな中、米国国立標準技術研究所(NIST)では、ゼロトラストのブループリント(概要設計)を公開し、「ゼロトラストアーキテクチャ」の標準化に踏み切った。これにはゼロトラストセキュリティモデルの普及につながることが期待されている。本書は、NISTのゼロトラストガイドラインの概要とその評価、効果的なゼロトラストセキュリティアーキテクチャを構築するための3つのアプローチなどについて解説している。
ページ数:10ページ
内容(一部抜粋)
●ゼロトラストセキュリティが広まる背景
●ゼロトラストの新しいブループリントとは
●構築するための3つのアプローチ
●実装する利点

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!