開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Nuix Japan提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/14

技術文書

ホワイトペーパー
コロナ禍で増える企業内部の不正リスク、注目集める「デジタル・フォレンジック」とは
法改正や大企業での不正・不祥事などを背景に、さらなるコンプライアンス強化と企業の社会的信用を維持するための体制づくりが求められている。さらにコロナ禍におけるリモートワーク推進により、不正・不祥事のリスクは増大していると言えるだろう。そのため、企業は不正・不祥事の調査・対応をより迅速に行っていく必要がある。そこで注目されているのが、法執行機関での犯罪捜査、規制当局や監査法人での不正調査と同じ手法で電子機器の情報を調査・解析する「デジタル・フォレンジック」だ。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●内部統制の強化が求められる背景
●不正調査における課題
●デジタル・フォレンジックとは

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!