開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード合同会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/07/09

導入事例

ホワイトペーパー
処理時間を1/6に短縮! J:COMがハイブリッド化を見据えて再構築した仮想化基盤とは
国内最大手のケーブルテレビ事業者として知られるジュピターテレコム(J:COM)。2014年にオンプレミスサーバの仮想化を実現し、大幅なコスト削減を達成するも、ハードウェアの更新時期を迎えていた。そこで同社は、「ハイブリッドITインフラ」を将来に見据えたオンプレミス基盤の再構築を決断。外部のクラウドとも柔軟に連携し、各種のモジュールを組み合わせて自由に環境を構成できるコンポーザブル・インフラ(CI)を採用し、約6時間かかっていた処理を1時間程度にまで短縮するなど、さまざまなメリットを得たという。本書は、基盤選定の経緯やその効果などを詳細に説明する。
ページ数:4ページ
内容(一部抜粋)
●ハードウェア更新時期に検討された仮想化の再構築
●「ハイブリッドITインフラ」を実現させる基盤選び
●仮想化基盤再構築で得られた効果
●今後の展望

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!