開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

panaya japan 株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/08/04

導入事例

ホワイトペーパー
SAP S/4 HANA移行事例:精度98%の自動化ツールで、アセスメントを大幅短縮した方法
「SAP ERP(ECC6.0)」のサポートが2027年に終了することから、導入している多くの企業が対応に追われている。日本電気(NEC)では最新バージョンの「SAP S/4 HANA」へと刷新するプロジェクトを進めているが、修正が必要なコードを洗い出すための影響分析に、当初は約2カ月の時間を要していたという。だが、影響分析を自動化することで、約2カ月を要していた分析は2週間までに短縮し、分析結果についても精度を98%にまで向上させた。また、テスト工数の30%削減も実現している。本資料では、NECがシステム刷新のプロセスをどのように変革したか、詳細に解説する。
ページ数:9ページ
内容(一部抜粋)
●NECのソリューション導入後の成果
●自動化で得られた詳細な効果
●具体的なプロセスの変化

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!