開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Splunk Services Japan 合同会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/01

技術文書

ホワイトペーパー
CX向上や収益増加、「オブザーバビリティ(可観測性)」のメリットを引き出す実践方法
多くの企業がITインフラをクラウドを含めた複雑なハイブリッド環境へと移行したことで、さまざまな問題が発生するようになってきた。これらの問題の検出や修復能力の向上は不可欠で、そのためには「オブザーバビリティ(可観測性)」の向上が必要となる。しかも、その効果は運用面だけでない。世界9つの地域でオブザーバビリティをすでに実践している525社を調査したところ、CX(顧客体験)向上や収益増加などの効果が表れ、実践していない企業との成果の差が大きく現れた。本書は、調査結果によって明らかになった、オブザーバビリティによって得られる効果や実践手法、実践のための課題、また、成果をあげたリーダー的組織の特徴などについても説明する。
ページ数:27ページ
内容(一部抜粋)
●オブザーバビリティの効果
●リーダー的組織の特徴
●オブザーバビリティの壁を克服
●推奨される取り組み

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!