開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/09/29

製品資料

ホワイトペーパー
クラウドネイティブ環境に最適なインフラ環境をパッケージ化、高い柔軟性を実現するには?
DX(デジタルトランスフォーメーション)を支えるITシステムには、急激な負荷の変化への対応、タイムリーで継続的な機能改善が求められている。そこで注目されているのが「コンテナ型仮想化」技術だ。また、企業活用が拡大しているクラウドとの連携も重要だ。ただ、そうしたクラウドネイティブ環境を実現するためには、既存アプリのコンテナ化や自社に最適な基盤設計・構築、導入後の運用に至るまで高度なスキルが求められる。以下の資料では、そうしたクラウドネイティブ環境の構築・運用を後押しするサービスを紹介。自社のITサービスの品質向上を図りたい担当者はぜひ参考にしてほしい。
ページ数:2ページ
内容(一部抜粋)
●クラウドネイティブ環境の3つの導入メリット
●柔軟でスケーラブル、自動化できる環境を実現するための必要要件
●既存のオンプレミス環境のクラウドネイティブ化を最適なコストで実現

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!