開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Trellix提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2021/10/18

技術文書

ホワイトペーパー
米露の大統領も議論した「ランサムウェアの脅威」、直近1年間の最新レポート
2021年5月、米国の石油パイブライン大手コロニアル・パイプラインがランサムウェア「DarkSide」の攻撃を受けて、操業停止に追い込まれた。この攻撃は、米国のバイデン大統領とロシアのプーチン大統領との会談でも議題にのぼったが、実はその活動は、もっと前から始まっていた。本資料は、サイバーセキュリティ企業であるMcAfee Enterpriseが運営する脅威研究機関「マカフィーラボ(McAfee Labs)」が、世界各地に配備した数百万台のセンサーからデータを収集し、分析した直近1年間の脅威レポートである。DarkSideをはじめとするランサムウェアの最新動向、国別や業界別のインシデントデータなどが、分かりやすいグラフで整理されている。
ページ数:24ページ
内容(一部抜粋)
●ランサムウェア: BabukからDarkSideまで
●国別や業界別のセキュリティインシデント
●マルウェア脅威統計情報
●トップMITRE ATT&CK テクニックAPT/犯罪者

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!