開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日立電子サービス(株)/(株)日立製作所提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2010/11/30

仮想化からクラウドへ:“地に足の付いた”日立のクラウドソリューション

今やクラウドコンピューティングは単なるバズワードではなく、企業システムの未来を指し示す重要なキーワードとなった。しかし、導入にあたっては、システムの特性に応じたクラウドの採用を考慮することが重要だ。こうしたなか、注目を集めているのが社内システムのクラウド化、すなわち「プライベートクラウド」だ。今回は日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud(ハーモニアスクラウド)」と、日立電子サービスが提供する「Cloud with Ground」を通して、サーバ仮想化からプライベートクラウド、あるいはパブリッククラウドへ、企業システムをどのように進めていくべきかをみていこう。

仮想化からクラウドへ

 「クラウドコンピューティング」とは、サーバなどのハードウェアを「所有」するのではなく、ネットワークを通じてコンピュータリソースを「利用」する形態のことだ。企業にとっては、初期コストを抑えて、必要なときに必要なだけ利用できるため、短時間で柔軟なシステムを構築できるメリットがある。

 一方で「クラウド」には課題もあるとされる。それは社外にデータを配置することによるセキュリティや情報管理上の懸念だ。海外にサーバがあれば、国をまたいだ法律上のリスクも無視できない。

 このような中、非定形で社外にデータをおけない基幹業務などに適しているのが、企業内にクラウド環境を構築する「プライベートクラウド」だ。

 これは、社内システムをクラウド化すること、すなわち企業内システムのリソースを共通化し、そのうえで必要に応じて必要なリソースを確保できる仕組みを構築することである。セキュリティや情報管理を維持したまま、柔軟で使いやすいシステムができあがる。

画像
図1 クラウドコンピューティングとは

プライベートクラウド構築のために検討するべきこと

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!