開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

Sky株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2011/07/27

スマートフォンを管理する「モバイルデバイスマネジメント(MDM)」選択の4つのポイント

ここ数年のスマートフォンの急速な普及は、誰もが認めるところだろう。ただし、企業での活用を考えれば、便利なスマートフォンは同時に危険な存在でもある。こうした不安を払拭するうえで、モバイルデバイスマネジメント(MDM)に注目が集まっている。企業におけるスマートフォン導入を一気に加速させる可能性があるMDM選択のポイントを紹介しよう。

企業のスマートフォン導入に不可欠なモバイルデバイスマネジメントの整備

 ここ数年のスマートフォンの普及には、目を見張るものがある。初代iPhoneが登場したのが2008年。それからわずか3年で、スマートフォンは我々の生活に不可欠なアイテムになった。そして、ここにきて目立つのが、スマートフォンをビジネスで活用しようとする動きだ。特にAndroid端末が登場して以降、スマートフォンを本格的に検討する企業が増えてきた。

 ただし、その動きはまだ始まったばかりだ。ある程度の規模の企業になると、セキュリティを考慮してノートPCの持ち出しを禁止している企業も少なくない。こうしたセキュリティ意識の高い企業にとって、スマートフォンが情報漏えいを起こしかねない危険な存在に映るのもやむを得ないだろう。

画像
スマートフォン利用時の不安要素
 実際に独立行政法人の情報処理推進機構が実施したアンケート(※注1)によると、スマートフォン利用時の不安要素として、「スマートフォン本体の紛失・盗難」「データの盗難・漏えい」「第三者による不正利用」などが上位に並んでいる。

 一方で、スマートフォンを使って出先でメールやスケジュールを確認したり、簡単な業務アプリケーションを利用したいという要望が高まっているのも事実だ。「利便性 vs. セキュリティ」という、これまで何度も繰り返されてきた構図が、スマートフォンという新しいデバイスをめぐって再現されているといえるだろう。

 そこでポイントになるのが、スマートフォンの利便性とセキュリティを両立させるモバイルデバイスマネジメント(MDM)の整備だ。スマートフォン導入を検討している企業がいま求めているのも、使いやすいMDM製品なのである。ここでは実際にMDM製品を導入する際に検討するべき4つのポイントをみていこう。

※注1:情報処理推進機構「2010年度情報セキュリティの脅威に対する意識調査 報告書」による。

MDM選択の4つのポイント
  • 1.クライアントPCとの統合管理が可能か?
  • 2.スマートフォンの利用範囲を手間をかけずに適切に管理・把握できるか?
  • 3.どこまで端末情報を取得できるのか?
  • 4.複数のキャリアに対応しているかどうか

このページのTOPへ


この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!