開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/03/08

導入・運用が面倒なセキュリティ対策。丸ごとお任せする方法は?

最小限の手間で最大限のセキュリティを

ビジネスの現場において、セキュリティとコンプライアンスに対する要求は年々高まっている。もちろん中小企業も無関係ではなく、大手クライアントからの取引条件に、一定のセキュリティ要件を提示されることも増えた。しかし、その必要性を理解していたとしても、「人手もいないし、運用が大変」といった理由から、十分な対策をとれていない企業も多いだろう。ネックとなる導入や運用の不安を解決し、セキュアな環境を構築する方法はあるのだろうか?

「蚊帳の外」ではないサイバー攻撃
ビジネスの成功には強固なセキュリティが必要に

 近年のサイバー攻撃では、無差別的な愉快犯は減少し、機密情報、個人情報、金銭などを狙った、明確に犯罪の意図のある攻撃が増えている。大企業や政府機関では、セキュリティとコンプライアンスにますます敏感になっている状況だ。

 これは中小企業にとっても無関係ではなく、一定のセキュリティ要件を満たしていないと、そもそもビジネスや取引をさせてもらえないケースが増えている。また、近年のサイバー攻撃は、決して「蚊帳の外」の出来事ではない。確かに、新聞などを騒がせる事件は大手の金融機関や政府機関で、一見すると普通の企業は関係ないと思うかもしれない。しかし、「危険なのはむしろ、大企業・政府機関周辺の企業です」と、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(以下、ウォッチガード)の真田 賢太氏は警鐘を鳴らす。

photo
ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン
営業部長
真田 賢太氏
「近年の標的型攻撃やATPと呼ばれる攻撃は、非常に手が込んでいて、複数の攻撃を組み合わせています。攻撃者は目的のサーバーに到達するために周辺からも攻撃をしかけます。取引業者やサーバー管理を請け負う事業者などもその対象です。そのような企業は比較的防御が手薄でハッキングしやすいからです」

 取引先や関係企業に一定のセキュリティ要件を課す大企業や官庁が増えている背景には、このような事情があると真田氏は語る。

 また企業の規模にかかわらず、もはやメールやインターネットを抜きにビジネスを進めることはできない。Webアプリケーションやクラウドサービスも非常に充実してきており、インターネットの重要性がますます高まる中で、同時にネットワークセキュリティの重要性も増している。前述した取引先の情報だけでなく、自社の顧客情報や営業情報なども、インターネットを通じて漏えいしないよう、保護しなければならない。

 しかし、特に中小企業の場合、IT部門に多くの人員を割いたり、情報セキュリティの専任者を置たりすることは難しい。「人手もいないし、運用が大変」という理由で、しっかりしたセキュリティ対策ソリューションの導入を見送っているケースは多いのではないだろうか。では、さまざまなセキュリティへの脅威に対して、このような企業はどう対処したらよいのだろうか。

この記事の続き >>
   強固なセキュリティを運用・管理含めて「丸ごとお任せ活用」
   「iPhone/iPadをセキュアに利用したい」などの要望にも柔軟に対応


この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!