開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ウイングアーク1st株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2012/12/26

全国5700社3万人が訪れる大成建設の作業ポータルにおけるスマートデバイス対応の軌跡

建設業界に革新を起こす!?

建設業界には、あまりITソリューションは関係ないと思われる読者がいるかもしれない。しかし、実は古くから先進的なITを取り入れ、業務の効率化に成功してきた企業がある。国内最大手の建設会社である大成建設だ。同社は業界に先駆けて1998年から電子調達パッケージなどを積極的に手がけてきた。先ごろ開催された「ウイングアーク・フォーラム2012」に登壇した同社の建築本部 建築部 田辺要平課長は、スマートデバイスを活用して工事管理が行える仕組みを構築したと報告した。

全国5700社、3万人がアクセスする大成建設の作業ポータル

photo
大成建設
建築本部 建築部
課長
田辺要平氏
 大成建設は古くから先進的にITを活用してきた企業である。1998年に「G-Net」と呼ばれる建築部門用の電子調達パッケージの構築に着手、2003年には業務管理ポータルを構築した。その後、自社専用の電子調達システムを構築し、汎用化してグループ企業と専門工事業者の間で調達システムを共有してきた。

 田辺氏はこうした同社のシステム構築の歴史を振り返りつつ、現時点における同社のシステムについて紹介した。

 まず同社では、三菱商事が運営するASPサービス「建設サイトシリーズ」をベースに、建設サイトポータルである「作業所Net」で、関係関連会社と情報を共有している。社内ではエクストラネットとして電子調達システム「SUPER-TORIO」が稼動する。社外の工事関係者は、三菱商事のASPサービスからログインし、作業所NetやSUPER-TORIOにシングルサインオンでアクセスできる。もちろんイントラネット内の社内ポータルからも、ASPサービスや社内調達システムにアクセスできる形だ。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!