IT導入支援

株式会社NEC情報システムズ提供コンテンツ

2013年03月26日
 【特集】スピード経営実現のヒント、役員会議システムを導入する

ビジネス環境の変化が激しい今の時代において、一瞬の判断の遅れが致命傷につながりかねない。そのため、経営の見える化、迅速化を進める企業は少なくないだろう。本特集では、役員会議システムを用いて、スピード経営を実現するためのヒントを紹介する。

特集記事

  • ぺんてる事例:迅速な経営判断を支援、iPadを使ったペーパーレス役員会議システム

    ぺんてる事例:迅速な経営判断を支援、iPadを使ったペーパーレス役員会議システム

    日本を代表する総合文具メーカー、ぺんてる。同社の経営会議は毎週月曜日、取締役会は毎月実施されるが、従来は長時間におよぶことも多く、その準備をする経営戦略室の事務負担も重かった。経営戦略室の藤村佳子氏は「これまではすべての役員が事前に資料に目を通すのが難しかった」と、その問題点を振り返る。しかし、2012年6月に新しい経営方針のひとつとして「スピード感のある意思決定」を打ち出し、この方針に合わせて長時間になりがちな会議時間を全社的に1時間半に短縮することを掲げた。その取り組みの一環として導入したのが、iPadを活用したペーパーレス会議システムだった。

ホワイトペーパー・参考資料

  • ペーパーレス役員会議システムで会議の効率化、セキュア化を実現する

    ペーパーレス役員会議システムで会議の効率化、セキュア化を実現する

    会議、特に役員会議では大量の紙資料の印刷が発生したり、会議を実施するための入念な準備を実施する必要があるため、参加者、運営者ともに多大な負荷がかかることが多かった。また、遠隔地とのWeb会議などでは、十分に情報共有できなかったり、議事進行がスムーズにいかないケースもあった。こうした会議の問題点を解決するうえでいま、タブレットなども併用したペーパーレス役員会議システムが注目を集めている。

  • 会議前準備から終了まで8つの利用イメージで理解する「ペーパーレス会議システム」

    会議前準備から終了まで8つの利用イメージで理解する「ペーパーレス会議システム」

    会議のペーパーレス化・効率化を実現するペーパーレス会議システム。直観的なユーザーインターフェイスと高いセキュリティ機能を搭載し、経営判断・意思決定の迅速化を支援するが、実際に導入した場合に会議はどのように変わるのだろうか。本資料では、会議前準備から会議終了までのプロセスを8つの利用イメージとして分解。その流れを解説するとともに、それぞれの場面における導入効果を丁寧に解説する。