開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ソリトンシステムズ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2013/03/28

スマホ急増で氾濫する“シャドーIT”。その対処法は?今こそ基礎固め! 認証基盤のススメ

管理下にないIT機器やシステムを用いて業務活動することを指す“シャドーIT”。たとえば、無線LANの普及当初、持ち込まれたノートPCによる企業ネットワークへの不正接続は、情報漏えいなどのセキュリティリスクがあるとして問題視された。この古くからあるリスクは、スマートデバイスの急増を受けて、緊急度の高い課題として再浮上している。社内の無法地帯化を食い止めるため、今一度、認証基盤を再考する。

スマートデバイスのシャドーIT化が引き起こす問題

photo
ソリトンシステムズ
プロダクトマーケティング部
プロダクトマネージャ
宮崎洋二氏
 “シャドーIT”は、かなり以前から存在する単語だ。利便性や業務効率を優先する社員にとって、使い慣れた私物のIT機器(ノートPCやUSBメモリなど)を持ち込み、社内システムに接続して業務を行いたいと考えることは、しごく自然な流れに思われる。しかし、IT部門に知らされることなく利用されるシャドーITに、管理の目は行き届いていない。そのため、利用効率の面では優位にあっても、セキュリティ面では甘い状態であることも多く、さまざまなリスクの発生源として、多くの企業が、そのセキュリティポリシーのなかで明確に利用を禁止してきた。

 そんな中で、新たなシャドーITとして急浮上しているのが、無線機能やVPN接続機能を搭載したスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスだ。

 「社員が自ら進んで使いたいと思う。そんな魅力がスマートデバイスにはあります」。急速に業務環境へ浸透する背景について、ソリトンシステムズの宮崎洋二氏はそう分析する。「デバイス持ち込みの観点からすれば、スマートデバイスのセキュリティリスクはノートPCのそれと大きく変わりません。しかし、日々オフィス内に持ちこまれる台数ではスマートデバイスの方が圧倒的に多い。それだけ潜在的リスクの総量は大きいと見ていいでしょう」

 では、どう対処すればよいのだろうか。リスク面でノートPCと変わらないのであれば、同様の対策で足りるのか。宮崎氏は肯定しつつも、視点を少し変える必要があると言う。

この記事の続き >>
スマートデバイスのセキュリティリスクにどう対処すればよいのか


この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!