開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本マイクロソフト株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2013/05/16
パフォーマンスは10倍、コストは従来ソリューションの1/6以下で導入企業のビジネスはどう変わったのか? HIS、エン・ジャパン、講談社など、成長企業が選んだ攻めのアプライアンス事例

ビッグデータ時代に求められるデータベースとは

ビッグデータという言葉が登場して数年経つが、ようやく企業の経営層にもこのワードが浸透し、現場においてもその活用が現実のものになってきている。しかしながらビッグデータのコンセプトが浸透し、膨大なデータを迅速かつ自由に分析するニーズが高まるにつれ、今度はデータベース システムのパフォーマンスがボトルネックとなるようなケースも現れている。

データベース システムのパフォーマンスを決める要素は、ソフトウェア、ハードウェア双方に複数あるが、この中でも最もボトルネックになっているのがストレージだと言われている。このストレージへのディスク アクセスが遅いが故に、他の要素のチューニングが思うような効果を発揮できないケースも少なくない。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!