開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本セーフネット株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2013/06/03
 Office 365、Salesforce、VDIで共通する問題とは?安全性と利便性を同時に高める極意

クラウドの活用とデバイスの多様化で改めて問われる「認証」の重要性

画像
クラウドサービスやVDIの利用時の課題
 企業のクラウド活用が加速している。Office 365やSalesforce、Google Appsなどのグループウェアやメールはもちろん、仮想デスクトップ、その他の業務系アプリケーションもクラウドで提供されるケースが増え、複数のクラウドサービスを組み合わせて活用することも当たり前になりつつある。

 また、スマートデバイスの普及も目覚ましい。BYODが日本で定着するにはまだ時間がかかると思われるものの、コストの流動性の観点からはクラウドの流れの延長線上に位置するものとして今後も増加が見込まれており、、企業ITにスマートフォンやタブレットが組み込まれ、デバイスがますます多様化する流れは、もはや止めようがない。

 こうしたサービスとデバイスを導入したあとにつまずくのが、利用の煩雑さだ。複数のサービスを使う以上、それぞれのIDとパスワードを覚えたうえで、それを使い分ける必要がある。

 1つのサービスに1つのパスワードを割り振るのが本来適切だが、それをすべて覚えて、きっちりと使い分けることができている人がどれほどいるだろうか。万が一、煩雑なためにクラウドサービスを使わないということになれば、何のために導入したのかわからなくなってしまう。

 これとは逆にパスワードを使い回すケースという問題が起きる可能性もある。この場合はセキュリティの問題に直面する。今や、IDやパスワード漏えいの事件も相次いでおり、漏えいしたIDとパスワードを使って攻撃を行うケースも少なくない。

 システムやデバイスが増大・分散し、複雑になればなるほど、攻撃者にとっての侵入経路は広がる。したがって、企業のIT管理者には、セキュリティをしっかり担保しつつ、クラウド活用とデバイスの多様化というトレンドに対応することが求められている。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!