開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社/日本電気株式会社/株式会社日立製作所/ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社/丸紅情報システムズ株式会社/株式会社インターネットイニシアティブ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2014/06/04

ストレージに対する課題、5年経って変わったものと変わらないもの

ICTはいま、1980年代のメインフレームの時代から、オープンSI時代を経て、現在はクラウド時代に入っている。モバイル・プラットフォームの登場により、クラウド、ソーシャルといった新しいサービスを活用できるようになり、本格的なビッグデータ活用も進んでいる。一方、プラットフォーム技術から見ると、いまSDN(Software-Defined Networking)など、システムの柔軟性をソフトウェア的に担保しようという動きも出てきた。こうした時代に求められるストレージ・プラットフォームとはどのようなものだろうか?

ストレージに対する課題、変わらないものと変わったもの

photo
NEC
プラットフォームビジネス本部
ストレージ販売促進グループ
シニアマネジャー
藤原 一之 氏
 「ストレージ+フォーラム2014」に登壇したNECの藤原一之氏はまず、現在(2013年)と5年前(2008年)とを比較して、ストレージに対する課題がどう変化したのかについて、IDC Japanの調査結果を示した。これによれば、2008年と2013年の調査結果はともに「データ量増大への対応」が1位となり、「バックアップの効率化」「セキュリティ強化」「災害対策」はそれに続く課題としてほとんど変化がなかった。

 一方で、大きく変化した課題もある。それが「バックアップ統合」や「ファイルサーバの統合」だ。2008年と比較して2013年には上昇した。ただし、その前提となる「ストレージ統合」はむしろ低下している。こうした変化について、藤原氏は次のように説明する。

「もはやストレージ統合は当たり前の時代になりました。こうした中で、バックアップやファイルサーバの統合・効率化という、より具体的な問題に視点が移ってきているということです。また、新しい課題も登場しています。サーバ仮想化にともなう投資、シンクライアントやVDIにともなう投資、そしてプライベート・クラウドやファブリック・クラウドに関する投資などは、5年前にはなかった課題です」

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!