開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SCSK株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2014/09/26

基幹系や大規模DBでも活用されることが増えたSQL Serverの課題とは?

ビッグデータをビジネスに活用する動きが広がっている。非構造化データの活用にも注目が集まっているが、まずは社内にある構造化データ、すなわちリレーショナルデータベース(RDBMS)を有効活用したいという声は少なくない。一方で、データ量の増大に耐えられないシステムも増えてきた。この点は、基幹系や大規模環境でも活用されることが増えてきたマイクロソフトのデータベース製品SQL Serverも同様だろう。では、SQL Serverでもっと大量のデータを有効活用するにはどうすればよいのか、そのベストな選択肢とは何か。

大規模データベースでも活用されることが増えたSQL Serverが抱える課題とは

photo
日本電気(NEC)
ITプラットフォーム事業部
製品技術統括G
技術エキスパート
鈴木 健一 氏
photo
SCSK
プラットフォームソリューション事業部門
ITエンジニアリング事業本部
ストレージネットワーク部
技術第一課
プロダクトリーダー
遠藤 秀喜 氏
 いま、ビジネスの世界では、膨大なデータを超高速に処理し、ビジネスを革新する動きが活発化している。この動きは、製造、流通、サービス、マーケティング、金融、医療、官公庁など、あらゆる業界で同時多発に起きているといってよいだろう。

 そのため、データを超高速に処理するデータベースへのニーズが、急速に高まっている。その点は、マイクロソフトのデータベース製品であるSQL Serverも例外ではない。SCSKの遠藤秀喜氏は、SQL Serverの最新動向について、次のように説明する。

「SQL Serverは世代を重ねるごとに機能拡張を続け、安定性も高まっています。このため、基幹系システムで導入したり、大規模なデータベース構築に利用したりする企業が増えています。同時に、ビッグデータに代表されるように、膨大なデータを処理するニーズも高まっています」(遠藤氏)

 ただ、運用の局面では課題もあると、NECの鈴木健一氏は次のように指摘する。

「システム構築時にデータベースをチューニングしても、運用に入ってからデータ量が増えたり、機能要件が変更されたりすることは少なくありません。その場合、再びデータベースのチューニングが必要ですが、高いスキルを持つエンジニアを確保することが難しく、十分なチューニングができなかったり、運用に予想外のコストがかかってしまったりするケースがあります」(鈴木氏)

 もちろん、こうした状況をマイクロソフトも指をくわえて眺めているわけではない。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!