開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

IBM提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/02/18

クラウドの選択で競合他社に差をつける! Web企業を中心に今選ばれているクラウドは?

今や企業ITを構築する上で、クラウドは欠かせない要素だ。特にCPUやメモリ、ストレージなどのITリソースを低コストかつ容易に調達できるIaaSは、うまく活用すればITコストと劇的に下げ、同時に柔軟性も獲得できる。ただし、IaaSはITを支えるインフラだけに、安易な選択にはリスクも伴う。こうした中、ソーシャルサービスやアプリ・ゲーム会社などのWeb企業から採用が増えているクラウドサービスが、今注目を集めている。

企業ニーズの変化に合わせてクラウドも多様化の時代へ

 企業のクラウド活用が当たり前になった今、企業側のニーズにも変化が起きている。クラウドが登場した当初、企業の主たる関心事は「コスト」だった。ハードウェア購入が不要で、保守・運用コストを低減でき、必要なときに必要なだけのITリソースを調達でき、不要になったらいつでもやめられること。つまり「コスト削減」もしくは「コストの最適化」が、クラウド活用の最大のメリットだった。

 もちろん、それは現在も変わりはないが、あえて強調するまでもない当然のことになりつつある。むしろ現在は、ビジネスの成長を目的にクラウドを活用する企業が増えてきた。ビッグデータの解析、新規ビジネスの短期間での立ち上げ、新たなマーケティング手法の確立……等々だ。

 こうした企業ニーズの変化に呼応するように、クラウドサービスも多様化の様相を見せつつある。機能・操作性はもちろん、開発の容易性、パフォーマンス、料金体系、セキュリティ、データセンターのロケーション……など、企業は自らの目的・ニーズとスペックを見比べて、最適なクラウドサービスを選ぶ時代に突入しつつある。

この記事の続き >>
 Web企業を中心に今選ばれているクラウドサービスとは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!