開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社日立ソリューションズ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2015/03/19

他人事ではなくなる? マイナンバー制度に備えよ──ID管理、アクセス管理は大丈夫か

企業規模の大小を問わず、不正アクセスやフィッシング、標的型攻撃の対策は難しく、企業のセキュリティの穴を突く事件は最近でも珍しくない。にもかかわらず、本年からはマイナンバー制度が施行される予定で、これまで個人情報を扱ってこなかった企業に対しても、その運用管理に高いセキュリティが求められるようになる。既存の対策に加えて、利便性を損なわずユーザー認証やアクセス制御の強化を考える必要があるだろう。

サイバー攻撃には認証とアクセス制御の強化が必要

photo
日立ソリューションズ
営業統括本部 ハイブリッドインテグレーションセンタ プロダクト戦略部 主任
柴田 真里氏
 従業員による不正アクセスや海外からの標的型攻撃など、企業の個人情報や機密情報を狙ったサイバー事件は近年になっても後を絶たない。企業にとっては依然無視することのできない大きなリスクであり続けている。

 こうした不正アクセスやフィッシング対策の1つに、統合認証とアクセス管理ソリューションがある。不正なアクセス、あやしい操作、危険な操作などを制御するには、ID情報の管理を確実にし、本人であるかどうかの認証を強化する。そして、重要なサーバーやファイル、デバイスのアクセス制御をきめ細かく行う必要がある。

 この統合認証、アクセス管理のソリューションについて、日立ソリューションズ 営業統括本部 ハイブリッドインテグレーションセンタ プロダクト戦略部 主任 柴田 真里氏は、以下の4つのカテゴリで考えることができると説明する。

1.ID管理+ログ管理
2.シングルサインオン(SSO)/フェデレーション
3.ユーザー認証強化
4.管理者認証強化

この記事の続き >>
 ・4つのカテゴリを統合的・効率的に管理するには?
 ・シンクライアントの認証はどのように考えるべきか
 ・マイナンバー制度で注目される認証強化

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!