開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2016/06/08

x86サーバーでは実現しえなかった圧倒的パフォーマンスでビッグデータ時代を制す

ビッグデータ時代を迎え、企業の扱うデータ量は爆発的に増加している。多種多様なデータを高速処理するためには、これを支えるIT基盤にも、これまでの延長線上ではない劇的な進化が求められる。このような状況下、大容量データの高速処理を想定して設計された、一般的なx86サーバーとは異なるアーキテクチャをもつサーバーがあるという。

大容量データ処理の前に立ちはだかるサーバースペックの壁

 企業情報システムの普遍的なテーマの一つに、大容量データの高速処理という課題がある。それはオンライントランザクションのケースもあれば、バッチ処理のケースもあり、常に高いパフォーマンスが求められてきた。しかし、これまではサーバーのスペック性能に阻まれて、ある程度のラインで"折り合い"をつけなければならないことも多かった。

 たとえば、小売業では毎日POSデータが発生するが、そのボリュームは簡単にテラバイト単位に上り、これを解析するための準備に1日以上かかることも珍しくない。そして、次のアクションにつながる洞察をデータから獲得できた際には、すでにその"旬"は過ぎていた、ということも少なくなかったのである。

 一方、Materials Requirements Planning(資材所要計画、以下MRP)の立案と実行というのは、製造業において基幹中の基幹業務である。製品の部品表と基準となる生産計画をベースに資材がどれだけ必要かを算出し、ここから資材の発注、納入、出庫をコントロールする。部品表が登場することからも推測できるように、これを実行するには大容量のデータと計算処理が必要で、そのためには多くのシステム資源と時間が要求されるため、頻繁に実行することは困難と考えられてきた。

ビッグデータ時代を迎え、データは爆発的に増加

 それに加えて、今日はいわゆるビッグデータ時代だ。そのデータボリュームは今まで以上に増え続けている。総務省の「ビッグデータの流通量の推計およびビッグデータの活用実態に関する調査研究」(平成27年)によると、その伸びは9年間で約9.3倍とまさにリニアな直線を示している。

この記事の続き >>
・総務省:データ流通量の推移
・一般的なプロセッサーと比較し4倍の超高速設計
・仮想化環境で効果を発揮する高度な機能

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!