開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社コムスクエア提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/04/03

注目集める「NoOps(運用レス)」、システム運用の現場は救われるのか?

システム運用の現場におけるコストや作業負荷の増大が問題視されている。高度化・複雑化するシステム運用、そして労働人口減少による人手不足……出口の見えない「負のループ」にはまり、毎日残業を余儀なくされているシステム運用担当も多い。こうした中、注目を集めているのが「NoOps(=運用レス)」だ。

photo
業務の複雑化と人手不足が重なる現場。業務削減のためには「NoOps」が求められるが……。
(©aijiro - Fotolia)

NoOpsへの期待と葛藤

 近年、システム運用は、障害を前提として「堅牢性」「冗長性」が重視されていた時代から、障害が発生しても動作を続行する「自律性」「回復性」を組み込んだ設計をする時代に移り変わっている。

 最初は手動の運用も取り入れつつ、運用保守エンジニアリングで自動化し、自立運用を実現していく。ただ、その一方で、プロダクトは日々進化しており、機能の追加や変更、アーキテクチャーの変更などが行われている。すると増えてくるのが運用の「手動の部分」だ。それをまた運用保守エンジニアリングで自律運用へ近づけていくというステップである。

 このように、常に変化するシステムに対して、自動化の促進によって、アジャイルで運用改善サイクルを回して行くこと、それにつながると言われているのが「NoOps」だ。「NoOps」とは、「No Operations(=運用レス)」の略であり、「人間によるシステム運用作業の最小化を目指す継続的な活動」のことだ。システム運用の現場の作業負荷が年々高まっている今、注目を集めるコンセプトだ。

 しかし、実際に「NoOps」の実現にはさまざまな障壁がある。たとえばクラウドへのシステム移行もそう簡単ではなく、最適化がうまくいかず、パフォーマンスの悪化やコスト高になってしまうというケースもある。現行システムの63%は、いまだ自社データセンター(オンプレミス)を継続しているという調査結果も出ており、一筋縄ではいかないようだ。

 また、クラウドの利用状況についても一つのクラウドサービスだけを使っている企業は少なく、実に81%の企業が複数クラウドを併用しているという調査結果が出ている。

 オンプレミスに残る旧システム、複数のクラウド上で稼働する新システム、分散・混在する新旧システムに対し、継続的な運用改善を実現するのは、非常に難易度が高いわけだ。それでも、なお「NoOps」を実現していくにはどうすればよいのだろうか。
この記事の続き >>
・「NoOps」を目指すためにまず取り組むべき2つのポイント
・複雑なIT運用に対応可能なツールとは?
・従来業務の88%を削減、年間約3,600時間の工数削減に成功した事例
・新たに見えてきた運用自動化推進の落とし穴

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!