開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/07/19

あってはならない「万が一」の事故、機密データの受け渡しはどうする?

重要データの受け渡しにはUSBメモリなどの物理メディアや郵送、電子メールやクラウドストレージなどの選択肢が挙げられる。だが、ヒューマンエラーや配送中の紛失、マルウェア感染など、一定のリスクは確実に存在する。もし顧客の機密データが万が一にでも漏えいすれば、長年築き上げてきた信頼は失墜し、多大な損害を受けるため、「万が一」は、決してあってはならない。本当に信頼できる、確実な方法はあるのだろうか?

photo
わずかなミスが大きな損失につながる
(©blanche - Fotolia)

機密情報の漏えいは、企業を一瞬で滅ぼしかねない

 不正アクセスやヒューマンエラーによる機密情報の漏えいは企業の信頼を一瞬で失墜させ、ビジネスに多大な損害を与える。また、『社員がサービスを勝手に利用し、情報流出させた』では、内部統制の根幹を疑われる。

 こうした問題を解決するためには、コーポレートガバナンス/内部統制を徹底すると同時に、詳細なアクセスコントロールができる製品を選ぶ必要がある。

 過去、企業は、重要データや大容量ファイルの受け渡しにUSBメモリや光学ディスク、あるいは紙による郵送など、物理的なメディアを利用していた。しかし、こうしたやり取りは人手がかかるうえ、配送中の紛失やマルウェア感染のリスクがある。

 ブロードバンド環境の普及とともに、無償のファイル転送サービスも急増しているが、誤送信や成り済まし、メール送信中のデータ紛失など、そのリスクは高い。電子メールを利用するケースも多いが、添付ファイルサイズの制限などによる未達もあり、確実性という意味からも最適ではない。

 そこで、安全かつ確実に電子ファイルを転送するために、堅牢なセキュリティ機能を備えるサービスの検討が必要となる。

 しかし、金融・保険を中心とする、機密データを大量に扱う業界のセキュリティ要件は非常に厳しい。その要求に応えられる手段が今、どれだけあるのだろうか?

この記事の続き >>
・いかにしてファイル転送サービスの安全性を担保するのか
・誤送信リスクを最小限にする「承認制」
・「セキュア」と「利便性」を両立したアクセスコントロールとは?

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!