開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/08/20

働き方改革の「3つの残念な事実」からわかる、IT部門が取り組むべきこと

IMF(国際通貨基金)が発表した直近の名目GDP順位で、日本の順位は世界27位まで落ち込んでいる。今、日本企業に求められているのは、労働者1人ひとりの生産性を向上させる抜本的な施策だ。単にコストを削減するのではなく、働き方改革の「3つの残念な事実」に向き合うことである。

生産性を高めるには「アウトプットから逆算」する

 手っ取り早く生産性を上げるには、インプット(投入する資源や労働量)を下げるかアウトプット(得られる成果や付加価値)を上げればよい。もっとも容易に思いつくのはインプットを下げること。つまりコストを削減するという考え方だ。しかし、これには落とし穴がある。

 日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)の石原栄治氏は「生産性の数字はコスト削減によって高くなります。これは業務プロセスが定まっていてアウトプットが一定(成果物が定型)の製造現場の場合は有効です。しかしオフィスが中心の働き方改革には有効ではありません。なぜなら業務が非定型で、アウトプットが一定とは限らないからです」と指摘する。

photo
日本IBM コラボレーション&タレント・ソリューション事業部 アーキテクト 石原栄治氏

 同氏は「生産性を高めるにはアウトプットから逆算して考える」ことが重要であると説く。

 たとえば、オフィス・ワーカーが作成する企画書のフォーマットは、個々の判断に任されている。「美しく見栄えのよいプレゼンテーション用資料の作成」が業務の大半を占めている人も少なくない。そのような状況で残業をなくせば、逆に生産性の数値は低下する。

 石原氏は、「資料は『見栄え』ではなく『情報』に価値があります。プレゼンテーション用アプリの操作に時間をとられているのであれば、作成手段を変えればよいのです」と説明する。

 働き方改革で見落とされるのはこれだけではない。実は、働き方改革には「3つの残念な事実」があるという。それは一体何なのだろうか。
この記事の続き >>
・誰もが語りたがらない「働き方改革の3つの残念な事実」
・クラウド時代のIT部門が取り組むべき3つのこと
・中断した作業に集中するには23分15秒かかる
・難解なデータ分析もストリーム上から可能に

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!