開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本アイ・ビー・エム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/09/13

「ITが自動的にサービスを提供し続ける世界」を実現する“最強のIT部門”の作り方

デジタルイノベーションには、ビジネスのスピードに応じて柔軟に対応できるIT基盤が必要だ。そうした基盤の構築運用・管理には、どんなIT部門が必要なのか。アイ・ティ・アール 金谷敏尊氏、日本アイ・ビー・エム 山本久氏が最新のクラウド・コンピューティングの動向と、次世代ITプラットフォームによる効率的なIT環境の運用・管理を実現する仕組みと手段を詳しく解説した。

ITRがひもとく「イノベーション」に見るトレンド

 近年、産業の定義を変える可能性を秘めた、IoT、AI、クラウド、VR/ARなどの「スマートテクノロジー」が注目されている。

 アイ・ティ・アール取締役/リサーチ統括ディレクター/プリンシパル・アナリスト 金谷敏尊氏は「スマートテクノロジーは、ITの進化と普及により後押しされていますが、コモディティ化が進むと、ITに無関係な部門も自らデジタル領域に着手するようになってきました。さらに、昨今のトレンドとして、ビジネスのサービス化を促す『サービタイゼーション』が加わっています」と指摘する。

photo
アイ・ティ・アール 取締役/リサーチ統括ディレクター/プリンシパル・アナリスト
金谷敏尊氏

 第3次産業の比率が高い先進国ほどサービタイゼーションも進む。あらゆる産業がIT as a Service化され、製品販売モデルからサービス提供モデルへとシフトしている。サブスクリプションやシェアリングエコノミーがサービス提供モデルをけん引し、デジタル化でもAPIエコノミーが形成されつつある。

「この流れのなかで、伝統的企業は大きな不安を抱えています。破壊的イノベーションはシリコンバレーなどのベンチャー企業から産まれることが多く、リーンスタートアップなどの手法の採用により、デジタルイノベーションの創出が加速しています」(金谷氏)

この記事の続き >>
・デジタルイノベーションを導く「次世代のIT部門」とは?
・これからのIT部門がつくるべき「仕組み」
・「SIAM」で「ITがサービスを提供し続ける世界」へ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!