開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ポリコムジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2018/11/26

「週2日出社」の企業に聞いてみた、柔軟な働き方の秘策は「音」?

「働き方改革」の実現には「いつでも」「どこでも」働ける環境の整備が欠かせない。その1つとして、円滑なコミュニケーションが取れる体制が求められている。しかし、働き方が変われば、同じ場所に集まってコミュニケーションを取ることは困難になりつつある。どうしたら、最適なコミュニケーション環境を構築して「週2日出社」を実現できるのか。実際の事例を紹介しながら考えていこう。

photo
ワークライフバランスの面でも生産性向上の面でも、「柔軟な働き方」ができる環境の整備は急務といえる
(©anyaberkut - Fotolia)

「柔軟な働き方」は“あったらいい”から“必要なもの”へ

 働き方改革に取り組む企業にとって「柔軟な働き方の実現」は最重要課題の1つだ。在宅勤務も含めて「いつでも」「どこでも」働ける環境を提供することは、従業員のためだけでなく企業の存続にも関わってくる。

 約2万5000人の従業員を対象にした調査によると、どこでも働ける勤務形態は「あったらいいもの」から「必要なもの」へと変化していることが判明した。この傾向は、世代が若くなるほど顕著で、たとえば、ミレニアル世代(1989年~1995年生まれ)では、すでに8割がビデオ会議のような仕組みを活用し、子育て世代でも6割以上がどこでも働ける勤務形態を活用している。こうした動きは今後さらに加速するのは確実だ。そのトレンドに対応できないと、企業は大切な人材を確保できなくなる。

画像
ビデオ会議は臨場感、コミュニケーションの密度・精度ともに高いが……
 こうした環境の実現にはITが欠かせない。たとえば自宅やサテライトオフィス、カフェからでも相手の表情を見ながらコミュニケーションできる「ビデオ会議ソリューション」は、柔軟な働き方を実現する強力なツールといえるだろう。

 だが、「コミュニケーションがスムーズにできず意思決定できない」「長時間の会議には使えない」「コミュニケーションを取るのに疲れる」といったことでストレスをためた経験のある方も多いだろう。カギとなるのはいずれも“音”だ。

 たとえばカフェや家でのリモートワークにおいて、周囲の音が入り込みコミュニケーションがうまく成立しないようでは、誰もがこう考えるだろう。

 「結局、出社して直接話すのが一番早いね」

 しかしそれは、今まさに来ている「柔軟な働き方」を求める潮流から目を背けているだけだ。

この記事の続き >>
・「週2日出社」を実現する企業に聞く、「柔軟な働き方」の秘策
・どんな環境でも「直接会っている」ように感じる、その理由

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!