開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ネットジャパン提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/01/10

まだ間に合う!自然災害でも止まらないビジネスの作り方

大阪、北海道の地震、南から舐めるように日本列島に豪雨と強風をもたらした台風の数々。企業もBCPやディザスタリカバリに躍起にならざるをえない。しかし、いざシステムが止まってからビジネスを再開しようとしても、データを復旧できないという声も上がる。絶え間なく降りかかる自然災害にシステムはどう対応すればいいのか。具体的な対策を考える。

photo
もう自然災害を無視してビジネスを考えることはできない
(© victor zastol'skiy - Fotolia)

バックアップ/リカバリーで陥りがちな「運用面の課題」

 今年は自然災害が相次いで発生し、改めて事業継続の重要性が認識された。もちろん、多くの企業ではBCP対策を行っており、データのバックアップ/リカバリーソリューションを導入し、日頃から重要なデータのバックアップをしていることだろう。

 しかし、実際にバックアップの運用がうまくいっているかというと話は別だ。というのも、ご存知のとおりIT環境の変化は激しく、インフラも物理サーバから、仮想化、さらにクラウドへと広がり、ハイブリッド、マルチ構成は当たり前となっているからだ。また、運用面でも課題がある。せっかくソリューションを導入したにもかかわらず、バックアップデータが思うようにリカバリーできないケースということもある。

 「復旧できて当たり前」と思われがちなバックアップの運用だが、ITシステムの大規模化・複雑化に伴うバックアップ運用のスキル不足、ノウハウ不足に加え、そもそものバックアップデータに問題があるケースもある。さらに、場合によってはリカバリーすべきデータがデータセンターの被災などにより消失しているケースもある。

この記事の続き >>
・「復旧できない」こともある
・必要なのは手厚いサポート
・バックアップ運用を楽にする管理コンソールも

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!