開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社OKAN提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/01/15

優秀な人材が欲しいなら、まずは「胃袋」をつかめ

厚生労働省が発表した2018年9月の有効求人倍率は1.64倍。正社員の求人は過去最高に達し、空前の売り手市場が到来している。企業にとって、人材の採用・定着の課題はこれまで以上に深刻だ。

 そうした中、社員の健康管理を経営課題として認識し、改善に取り組む「健康経営」がその特効薬として注目されている。中でも着手しやすいのが、食生活から社員の健康にアプローチする手法だ。ここでは「社員の胃袋」をつかんで、優秀な人材を確保する方法を紹介する。

photo

衛生環境が悪ければ働きたくない

 人々が企業に入りたいと希望したり、勤め続けたいと感じたりすることには多くのファクターがある。米国の臨床心理学者であるフレデリック・ハーズバーグ氏は、社員にモチベーションを与える「動機づけ・衛生理論」(二要因理論)を提唱した。

 「動機づけ・衛生理論」とは、職務に対する満足/不満足を引き起こす要因に関する理論であり、就職や離職の原因・要因を2つに大別している。

画像
フレデリック・ハーズバーグ氏の「動機づけ・衛生理論」(二要因理論)。このうち動機づけ要因は仕事内容に関係があり、衛生要因は職場環境に関係がある。この両者によって人が就職したり、離職したりする。

 その1つである「動機づけ要因」は、企業の理念や仕事内容など、「仕事への満足度」に影響し、従業員の意欲向上に貢献するものだ。そして、もう1つの要因が対人関係や給与、職場環境などの「衛生要因」で、これは「仕事への不満足」に影響する。

 社員がモチベーション高く“働き続けたい”と思う職場を作ろうとするとき、動機づけ要因ばかりが注目されがちだが、実は動機づけ要因を満たしても、衛生要因が満たされていなければ、社員のモチベーションは上がらないどころか、不満ばかりが募っていく。衛生要因を満たすことは、社員の満足度を高めるための前提条件だ。

 実際に、米国のように人材の流動性が高い国では、衛生要因が重要視されている。一方日本では動機づけ要因の方がいまだ重要視されており、衛生要因の重要性について気づいていない企業も多い。

 しかし「退職理由の80%近くは衛生要因にある」という説もあり、社員が“働き続けたい”と思える職場づくりにおいて、いかに衛生要因が重要か分かる。まずは衛生要因を満たすために、企業が適切な打ち手を用意しているかが人材確保・採用定着の成否を左右する。

 では、具体的にはどのように衛生要因に働きかければよいのだろうか。

 その問いに対して、1つの有効な解決手段として注目されるのが「健康経営」だ。社員の健康管理に戦略的に取り組むことで、人材確保・採用定着・生産性向上など、社員や組織の活性化を図ろうとするものだ。社員の健康にいかに投資できるかが、今後の企業の競争力を左右する。

 健康管理のためには、運動や睡眠・食事が最も重要な要素だ。中でも「食事」は働いている時間の中でも避けられない。そのため、多くの会社では、まず「食事」への施策に取り組むことを考えるだろう。

 しかし、社員食堂を作るとなると莫大なコストがかかってしまう。一方で、カップ麺やお菓子を置くだけでは、空腹は満たせて気分転換には役立つが、健康管理に役立つとは言いがたい。そこで求められるのが、企業の投資や手間をできるだけ抑えながら「従業員を虜にする」、安くて、ヘルシーな食によるアプローチだ。

この記事の続き >>
・たった100円で食べられる安心・安全でヘルシーな惣菜
・いつでも安全な食事をとれるということ
・「社員の健康を考えている」というメッセージが離職率を変える

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!