開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

SCSK株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/07/12

「空気にコストはかけない」、ビッグローブがストレージ運用を従量課金制にするまで

個人向けのISP「BIGLOBE」やBIGLOBEモバイルを主軸に、法人向けサービスとしてホスティングサービス、IaaS型のクラウドホスティングサービスなどを手がけるビッグローブ。同社はサービス拡張に伴うデータ増大への対応と、急増する仮想マシンの運用負荷軽減のため、新たなストレージ基盤を必要としていた。そこで選択されたのが、従量課金型モデルを持つユニークなストレージ製品だった。

photo
ビッグローブ 基盤本部
クラウド技術部 グループリーダー
石下隆一氏

仮想マシンの急増で、キャパシティ管理とストレージ増設が間に合わない状況に

 1996年に総合インターネットサービス「BIGLOBE」を開始したビッグローブ。法人向けビジネスでは、ホスティングやハウジング、IaaS型のクラウドホスティングサービスを手がけている。

 同社 基盤本部 クラウド技術部 クラウドストラテジー・コンサルグループ グループリーダーの石下隆一氏はビジネスを通じて扱うデータ量について「論理ストレージで3ペタくらいの容量を持つほどに成長しています」と述べる。

 基盤本部では、オンプレミスのストレージの保守・運用のほかに、ミドルウェアやデータベースの運用を担当。さらに、一部のサービスをAmazon Web Services(AWS)を基盤として拡張させているため、パブリッククラウドも担当している。法人向けサービスを支える仮想基盤は7、8年前からVMwareの仮想化技術を利用し効率的な運用を進めてきた。当時について、石下氏は次のように説明する。

「ESXサーバのストレージは、複数台の安価なハードウェアを並列で構成していました。ところが、各種サービスの拡張とともにデータが増え、膨大な数の仮想マシンが次々と立ち上がるようになり、そのキャパシティ管理やストレージ増設のためのハードウェアの発注、設定などが間に合わない状況となりました」(石下氏)

 そこで、比較的運用負荷の軽いNFSで接続したストレージに仮想マシンのデータストアを格納することを検討したことがあったという。

 ところが、NFSでは障害時にバックアップの経路への切り替えがうまく切り替わらない問題があり、仮想マシンが立ち上がらず、データを復元できない課題があった。そこで、NFSではなくiSCSIで、かつ従来の安価なハードウェアの並列構成ではなく、大容量で高パフォーマンスのストレージ製品を選ぶことにした。

 こうして、今から数年前、新たなストレージ基盤を導入。性能、容量的にも満足していたが、そのハードウェアの販売終了が発表されてしまった。そこで石下氏は「どうせなら」とさらなる環境改善を求め、次のデータ基盤となるストレージシステム選定を開始した。

 その結果、コスト削減とデータ基盤の柔軟性を両立する環境を実現したという。ビッグローブの主要サービスを担うデータ基盤はいかにして構築されたのだろうか。

この記事の続き >>
・料金、運用負荷…データ基盤の「落としどころ」はどこか
・「クラウド以上」の従量課金型モデルへの移行であらゆる運用コスト削減できる
・約3000の仮想マシンすべてを移行

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!