開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

コベルコシステム株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/06/28

「人手不足でもDX実現」、この難題を解決する“外部人材”の正しい生かし方とは

今、あらゆる業種・業態で人手不足が深刻化している。特にデジタルトランスフォーメーション(DX)の実現に求められる人材は、社内に乏しいのが日本企業の実態だ。育成に時間がかかる以上、こうした人材は社外に求めざるを得ない。ところが、外部人材の管理・活用も限界を迎えつつある。このまま、優秀な人材が集まり、日々革新を続けているグローバル企業に侵食されるしか道はないのか。

既存の仕組みでは限界を迎えつつある人材獲得

 近年、ほとんどの日本企業が「人材不足」という大きな課題にあえいでいる。社会のIT化はどんどん進んでいくが、そのシステムを支えるIT人材は特に不足しており、2030年には約45万人不足するという調査結果も経済産業省から出されている(生産性上昇率を0.7%、IT需要の伸びを約5~2%とした場合)。

 翻って世界を見ると、自動車業界におけるウーバー、ホテル・旅館業界におけるAirbnb、小売業界におけるアマゾンなど、既存業界を駆逐するプレーヤーが次々に登場している。この競争に勝ち残るためには、デジタルで自らのビジネスを変革して新たなビジネスを生み出す「デジタルトランスフォーメーション」(DX)が不可欠だ。だが、その担い手である“DX人材”どころか、先に述べたようにそもそも日本では絶対的な人手が足りていない。

 神戸製鋼所のIT部門から分社独立した歴史を持つシステムインテグレーター、コベルコシステムも、この危機に直面した企業のひとつだ。同社は歴史的な経緯もあり、製造業を中心とする一般企業の情報システムの構築・運用にたけている。特にSAPのERPビジネスには1995年から取り組み、製造業向けテンプレートHI-KORTを核に、これまで数々の企業のSAP ERPの導入・運用を支援してきた。

photo
コベルコシステム
産業ソリューション事業部 ERPソリューション本部 デジタルビジネス部
大工園 正彦氏
 同社でアライアンス推進を担当する産業ソリューション事業部 ERPソリューション本部 デジタルビジネス部 大工園 正彦氏は「3年前と現在では、人材確保の難易度がまったく変わりました」と話す。

「外部パートナーとのアライアンス推進の仕事を始めて3年になりますが、3年前は今ほど忙しくありませんでした。たとえばSAPのプロジェクトを6月から開始するのであれば、2カ月前の4月から準備して必要な人材を確保できていました。ところが現在は、半年前から声をかけ始めても、なかなかそろわないのです」(大工園氏)

この記事の続き >>
・決定的な人材不足、コベルコシステムが取った手段は
・グローバルで20年の実績を持つ、外部人材活用法
・製造業における外部人材活用のベストプラクティスを作るには

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!