開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

電通アイソバー株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/08/07

PDCAからの脱却、マーケターに今後求められる「BMLサイクル」とは

顧客体験(カスタマーエクスペリエンス:CX)の向上が企業の業績に深く関係することが実証され、顧客視点での改革に取り組む企業が増えている。企業にとって、テクノロジーやマーケティング基盤をどのように整備したら良いだろうか。顧客体験の最新動向に触れた上で、通信販売大手のFELISSIMO(フェリシモ)の先進事例などを紹介する。

CX向上の実現に必要なのは「PDCAサイクル」ではない

 グローバルデジタルエージェンシー・電通アイソバーのCAO(Customer Analytics Officer)である清水 誠氏は「カスタマーエクスペリエンスデー in 大阪」に登壇し、「事業の『効果』『効率』から『顧客の理解と体験』へのシフトがカギ」だと述べた。

photo
電通アイソバー
CAO
清水 誠氏

 米国ではCX最適化の具体的な成果が出てきており、たとえば、家電量販店BEST BUYは、7年前に経営危機に陥り、そこから顧客志向でビジネス改革に着手。「価格見直しや、サービスの充実に取り組み、業績のV字回復に成功した」という。

 清水氏は「CXは業績に直結する経営課題であり、単なる現場の効率改善ではない」と話す。米国の事例から言えるのは、CXの改革に着手し成果を挙げた企業は「上場企業のトップが相応のコストを投下して進めても、約7年はかかっている」ということだ。

 さらに「そもそもCXとは、何事においても「顧客」を最優先させる、という経営理念や哲学のことであり、トップから現場まで全員に浸透している必要があるものだ」と清水氏は語る。また、ベンダーが提案するツールを導入するだけで実現できるものでもない。これらが、「CXは経営課題」と言われるゆえんだ。

 そこで清水氏は「データ活用のアプローチも従来のPDCAサイクルから転換させる必要がある」と提唱する。それが「BMLサイクル」だ。

この記事の続き >>
・Webサイトのレポート、PVや直帰率だけでは不十分なワケ
・回転ずし屋と高級すし屋、どちらが良い“顧客体験”を提供する?
・フェリシモで採用している「消費者行動モデル」とは
・なぜ、デジタルの顧客体験に紙の「カタログ」を重要視するのか

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!