開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ラッド株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/09/20

「現場が使えないBI」を刷新、エステールはどうやってデータ分析を“民主化”したか

宝石や貴金属などの製造加工から、ジュエリー専門店のチェーン展開まで、「製販一体」の体制が強みのエステールホールディングス。多品種にわたるジュエリー商品の展開に、データ分析の重要性は高まる中、それまで使っていたビジネスインテリジェンス(BI)ツールがサポート終了を迎えた。同社が新しいBIツールに求めたのは、「現場部門の社員にも容易に使いこなせる操作性」を備えたBIツールだった。

以前は「現場が使うにはハードルが高い」BIツールだった

 1959年に設立されたエステールホールディングスは、宝飾店を中心に食品販売や飲食店などで全国469店舗を展開するトップブランドだ。販売だけでなく製造加工まで手がける「製販一体」体制で、顧客の生の声、店舗の生々しいデータを製品開発に拾い上げることで成長してきた。

 そのため、以前よりデータの分析、可視化にBIツールを利用していたものの、メーカーの保守サポートが終了を迎えた。同社 生産部 商品企画開発課 主任 海老原 新悟氏は当時の状況を次のように振り返る。

photo
エステールホールディングス
生産部 商品企画開発課 主任
海老原 新悟氏

「サポート終了に加え、BIツールが動作するオンプレミスサーバも老朽化し、最新のOSに対応できないなどの問題がありました。処理が集中したときのパフォーマンスの問題も顕在化しており、新たなBIツールの導入が喫緊の課題でした」(海老原氏)

 また、BIツールの「使い勝手」の点でも課題を抱えていた。同社の管理本部で課長を務める志賀 充弘氏によれば、「以前利用していたBIツールは専門性が高く、メインユーザーである現場部門が使うにはハードルが高いソフトウェアでした」と明かす。

photo
エステールホールディングス
管理本部 課長
志賀 充弘氏
この記事の続き >>
・現場が使いやすいシンプルさとカスタマイズ性は両立できる?
・「誰が使っても、意図した分析結果が出てくる安心感」が採用の決め手
・BIと統合された「企業業績管理(CPM)」を予実管理などに活かしたい

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!