開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社ネットワークバリューコンポネンツ提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/08/21

IoTと共に到来した「複数端末当たり前」時代、新旧混合のネットワークをどう運用するか

モバイルデバイスの急増やIoT(Internet of Things)の進展を背景に、企業ネットワークは今、進化の途上にあるという。ただし、ネットワーク進化に対し、各種のハードやサービスを提供するベンダーもさまざまに新たな手法を提案している。ネットワーク戦略を誤った場合には、将来的に思わぬリスクに直面する可能性もある。次世代の企業ネットワークを整備するため、今何が必要なのか。

photo
IoTや働き方改革などさまざまな環境変化にネットワーク環境は対応できているか?
(Photo/Getty Images)

IoTや働き方改革でネットワーク管理は限界に

 スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の広がりを受け、業務の現場では一人で複数デバイスを使うことも珍しくなくなった。また、IoTの進展により、従来にはなかった多様なデバイスが企業ネットワークにつながり始めている。

 こうした変化が、ネットワーク管理者に新たな難題をもたらしている。それが、ネットワーク管理負荷の急増だ。

 貴重なデータが社内に散在する状況にあって、それらを安全に活用するには適切なアクセス制御が不可欠だ。そのため一般的に用いられたのが、デバイスの種類や用途ごとに仮想的なネットワークを構築することで不必要なデータへのアクセスを阻止するVLAN(Virtual LAN)だ。

 ただし、その仕組みゆえの大きな弱点が、VLANの増加により管理負荷が増してしまうことだ。接続端末が増加/多様化するほどVLANが増え、また、新たな社内ニーズにより既存VLANの見直しなども必要となる。

 IoTにより、社内ネットワークへの接続端末は加速度的に増えた上、働き方改革によるリモートワークを背景に、VLANをまたがる多拠点からのアクセス要望も急速に高まっている。

 すでに多くの企業がVLAN管理に少なからぬ労力を投じる中にあって、こうしたニーズへの迅速な対応は極めて困難なのが実情だ。この結果、ネットワークが業務高度化のボトルネックとなる問題が顕在化し始めている。

 今後、企業のネットワークが担う端末数は増えることはあっても減ることはないだろう。それでは、ネットワークを「弱点」にせずに高度な運用を実現するには何が必要なのか。
この記事の続き >>
・同じゴールを目指した各社各様のアプローチ
・一貫したアーキテクチャが差別化の“鍵”に
・管理高度化の要とは何か

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!