開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

ウイングアーク1st株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/08/02

データ活用を任された!「3分で分かるBIツール選定のポイント」

必要なデータをわかりやすく繋ぎ合わせ、戦略策定や現状理解を助けてくれるBIツール。しかし、目的を定めず、必要な機能を見定めないで導入されることも多い。そこで、本記事では具体的な目的の定め方や、ツール選択のコツを伝授する。考えるべき3つのポイントとは。

photo
「BIツールを導入したのに成果が上がらない」。ツールの選択は正しかったのだろうか?
(Photo/Getty Images)

BIツールの目的と活用イメージ

「せっかくBIツールを導入したのに、思ったほど成果が上がっていない・・・」

 多くの企業で、そんな声をよく聞く。その原因は企業・組織ごとにさまざまだが、最もよく見られるのが「ツールさえ導入すれば、いろんなビジネス課題が一気に解決するはず!」とBIツールに過度な期待を抱くケースだ。言うまでもなく、BIはビジネス目的を達成するための道具の1つに過ぎず、大事なのはツールそのものよりも、その導入目的なのである。

 では、そもそもどうやって目的を知ればいいのか。これはツールを使わずとも、日々の仕事の中で自然に知ることができる。

 たとえば、「この商品の現在の売り上げ状況は?」「去年開催されたセミナーの中で、売り上げに最も貢献したのはどれだっけ?」といったような、普段の仕事の中で何気なく交わされている会話には、それぞれ「売り上げ状況を把握して予算達成の指針を立てたい」「効果のあったセミナーを再度実施して売り上げにつなげたい」という、れっきとした目的が存在する。つまり業務現場では、特段意識せずとも既に目的は明確になっていることが多い。

 しかしこうした目的を達成するためには、社内に散在しているさまざまなシステムのデータベースや帳票、Excelシートなどから適切なデータをかき集めてきて、集計をしたりレポートにまとめたりする必要が出てくる。これを業務現場の担当者が直接行おうと思っても、企業・組織が保有する基幹データに直接アクセスする権限は通常持っていない。

この記事の続き >>
・データ活用を成功させるための BIツール選定、3つのポイントとは?
・BIのすべての 構成要素をラインアップ

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!