開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

サイバーリーズン・ジャパン 株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/09/30

“カモ”にされる日本、侵入はもはや100%防げない…「侵入前提」の対策法とは?

決まり文句のように繰り返される「サイバー攻撃の脅威が高まっている」というフレーズ。しかし、日本企業のほとんどは、自らを取り巻く現実の脅威が見えていないし、理解もしていない。したがって、対策もできない。その結果、脅威はさらに高まっている。この“負のスパイラル”を断ち切るにはどうすればよいのか。日本企業が置かれた厳しい現状と対策へのヒントを探る。

photo
サイバーリーズン・ジャパン
エバンジェリスト
増田 幸美(そうた ゆきみ)氏

日本企業が陥っている「負のスパイラル」と米中の覇権争い

 サイバー攻撃は複雑化・高度化し、日々、脅威の度合いは上昇している。多くの日本企業は、その脅威を薄々感じながらも、本当の現実は直視できていない。サイバーリーズン・ジャパンの増田 幸美氏は、こうした日本企業が陥っている状況を「負のスパイラル」と呼ぶ。

 攻撃が高度化し、見えない攻撃が増加すると、攻撃が理解できない。理解できなければ対策は打てず、セキュリティの人員も投資も増えない。サイバーの対処能力は一向に上がらず、検知能力は低いままだ。その間に、攻撃はさらに高度化し、見えない攻撃はさらに増える……。この「負のスパイラル」を断ち切る方法は、「現実を知ること」以外にはない。

画像
日本に見られる負のスパイラル

 サイバー攻撃の現状と日本の置かれた状況を理解するには、現在の世界情勢を知ることから始めなければならない。増田氏は、現在の米中貿易摩擦を、30年前の日本と米国の関係に重ね合わせる。

「今から30数年前、日本が米国の名目GDPに迫ろうとしたときの米国の対応が、100%の報復関税、ハイテクメーカーへのダンピング訴訟、3億ドルの損害賠償請求……等々でした。そしていま、同じことが米国と中国の間で再現されているように見えます」(増田氏)

 ただし、米中の覇権争いは経済だけにとどまらない。AIに不可欠なデータ、次世代の通信インフラである5G、次世代宇宙ステーション、量子コンピュータ、ブロックチェーン……等々。未来の覇権を左右するハイテク技術をめぐって、米中の覇権争いは経済、軍事、金融などのあらゆる面に拡大している。

 さらに増田氏は、この世界の覇権争いに、日本も無関係ではないと指摘する。

この記事の続き >>
・日本も渦中にいる「ハイテク技術をめぐるサイバー戦争」
・“カモ”にされる日本の現状と100%防げないサイバー攻撃
・求められるのは「侵入されても発症させない」ワクチンとなる対策

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!