開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

日本ヒューレット・パッカード株式会社(HPE)提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/10/10

グローバル調査があぶり出した驚きの事実、「DXのカギを握るのは○○」の理由

データの重要性は、かつてないほどに高まっている。新興のデジタル企業はもちろんだが、従来の方法で収益を生み出している企業でも、デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進し、データを業績向上に役立てることは必須だ。しかし、IT環境が複雑化する中で、まず何から改革すべきかわからない企業も多いだろう。まず手をつけるべき「DXのカギ」を握るのは何だろうか。

photo
DX推進の障害となる「データに関する課題」の根本原因を解決するには?
(Photo/Getty Images)

データの大切さはわかるが、IT環境が複雑化しすぎて手に負えない

 今のビジネスにおけるデータの重要性については、今さら語るまでもないだろう。しかし、その活用に頭を抱えている企業は多い。生成されるデータ量は爆発的に増加し続けているにもかかわらず、常時アクセス可能で高パフォーマンスなアクセシビリティも同時に求められてしまう。マルチクラウド、オンプレミスとデータの場所が散財し、複雑なIT環境を強いられる中で、こうしたニーズに答えるのはとても困難だ。

 実際、ITアナリスト、調査、検証、戦略企業であるEnterprise Strategy Group(以下、ESG)の調査によると、IT意思決定者の68%が、わずか2年前と比べても、「自社のIT環境が複雑化した」または「非常に複雑化した」と回答し、その41%が「データ量の増加」を原因に挙げている。

指針のないDXの推進がデータ活用をより一層困難にする

 また、世界各地の企業が今、大規模なデジタルトランスフォーメーション(DX)プログラムの立ち上げやその拡大に取り組んでいることで、問題が一層複雑になっている。

 ESGの調査によると、DXの取り組みを進めなければ競争力や影響力を失うことになると、実に86%の企業が危機感を持って答えている。

 ただし、最新のITインフラを導入しない限り、DXを成功させることはできない。では、最新のITインフラを設計する上で、まず考えなければならないのは何だろうか。このようなデータに関する問題の根本原因を解決するのは、どのようなソリューションなのか。

 以下のホワイトペーパーでは、アナリスト企業のESGによって実際に「IT運用コストを79%削減する」「ストレージ関連のトラブルチケットの解決に必要な時間を85%短縮する」などと確認された“インテリジェンスを備えた”ソリューションについて、その効果と価値について詳しく検証していく。
photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!