開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

シュナイダーエレクトリック株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/11/13

「2025年の崖」を越えるIT運用管理、分散化するITシステム“3つの課題”を解決する方法

経済産業省のレポートで広く知られるようになった「2025年の崖」の反響もあり、デジタルトランスフォーメーション(DX)を切実な課題ととらえる企業が増えてきた。しかし、DX実現には、デジタル化したデータをどこで処理するのかも考慮してシステムを導入する必要がある。実際のDXでは、クラウドやエッジコンピューティングなど、分散化したシステム環境を運用、管理する必要が出てくる。そこに潜む課題を認識して解決しておかないと、DXの活用でつまずく可能性が高い。

photo
データセンターを含めたIT資産管理の重要性が増している
(Photo/Getty Images)

分散化するITシステム環境が、企業のDXを複雑にする

 ITシステムの新規導入や更新の際、クラウドサービスの導入や利用を前提とする“クラウドファースト”の企業が増えてきた。それだけクラウドは、企業のITを支える「当たり前のインフラ」となりつつある。

 一方で、あらゆるシステムがクラウドに移行するわけではないことも分かってきた。データセキュリティの観点からオンプレミスが適しているシステムもある。たとえば、金融機関の支店や、店舗などで運用され、個人情報や課金データの処理を行う端末など、はクラウドにする必然性が低いものも少なくない。

 また、IoT(Internet of Things)が進展し、各種センサーを搭載したデバイスが急増している。その結果、IoTデバイスから生成されるデータが膨大な量になるため、これをリアルタイムで収集し、処理を行うには、クラウドだけでは遅延が発生する可能性が増してきた。自動生産を行う工場のラインシステムなど、遅延が発生すると大きな損害が出る環境も少なくない。

 そうした現状から、データが発生し実際に利用される場所の近くで処理を行うシステム、「エッジコンピューティング」(以下、エッジ)が昨今重要になりつつある。

  今後の企業ITは、クラウドとエッジに分散することになると考えられる。特にクラウドを活用するためにも、インターネットとの接続性を担うオンプレミスのエッジ側のシステムの安定運用は必須である。しかしながら、これからのエッジは数や種類が増えるだけでなく、企業内データセンターからサーバー室、拠点や店舗など“セキュリティも堅牢性もバラバラの、多種多様な環境”で運用されることになるはずだ。

 そのとき企業は、さまざまな課題に直面することになると予想される。これらを認識して解決しなければ、多くの企業が進めているデジタルトランスフォーメーション(DX)の足が引っ張られる。既存システムが残存した場合に想定されるビジネスの停滞を指す「2025年の崖」を越えることが難しくなるかもしれない。

 この課題を3つに整理し、DXへの土台を固め「2025年の崖」を越えるための運用管理体制を築くポイントを探る。

この記事の続き >>
・分散するITシステムが抱える主な課題3つを解説
・データセンターからエッジまで統合管理できる「インフラ設備運用管理」とは
・リアルタイムな監視と複数拠点のリモート管理をスモールスタートで実現する方法
・膨大な蓄積データから考察や知見を得るには

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!