開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

JBCC株式会社、オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/11/27

見えてきたRPAの課題、「もう一歩深い」活用へと踏み出すためのポイント

近年、定型業務を自動化する「RPA」が注目されている。実際に大企業では8割から9割がRPAを導入している状況だ。それにも関わらず、導入企業のうち本番環境で50以上のボットを使っている企業は、まだ全体の約5%に過ぎないという。なぜ便利なRPAなのに、一歩進んだ本格活用ができないのだろうか? 本稿では、普及が進み明らかになってきたRPAの課題と、その解決策について考察しよう。

photo
RPAが「思ったほど広まらない」のはなぜ?
(Photo/Getty Images)

浮かび上がってきたRPAの“課題”

 近年、日本は急激に生産年齢人口が減少している。出生率も想定を上回る速さで減り続けており、いまや90万人を割り込んでいる状況だ。一方で、長時間勤務や過労死といった社会問題もクローズアップされ、「働き方改革」の強い要請も生じている。

 労働時間が少なくなっても、企業は常に利益を上げなければならない。そうなると「いかに限られた時間で労働生産性を高めながら、効率の良い仕事をするのか」という点が大きな課題になる。

 このようなタイミングで登場したのが「RPA」(Robotic Process Automation)である。RPAは、人間がコンピューター上で行う作業や処理を自動化するソフトウェアだ。他のITソリューションと比べて分かりやすく、目に見える形で効果が現れる。

 高度なプログラミング能力がなくても、比較的簡単にソフトウェアロボット(Bot:ボット)を開発できるため、大仰なシステム開発では割に合わなかった「スキマ業務」をRPAで埋められる。業務時間の短縮や、働き方改革にもマッチするため、多くの企業で導入が進んでいる。

 だが、このように良いとこ尽くしに思えるRPAも、普及が進むにつれていくつか課題が見えてきた。

 実は、国内やグローバルで8割~9割の大企業がすでに何らかのRPAを導入しているにも関わらず、導入企業のうち本番環境で50以上のボットを使っている企業は、まだ全体の約5%に過ぎないという。つまり、全社展開している企業は、ほんの一握りに過ぎないのが実情ということだ。

 またRPAを開発する際の責任や役割分担のほか、「野良ボット」などのセキュリティ対策や、管理面の問題も浮上してきている。

この記事の続き >>
・なぜ本格的な導入に至らない? 欠けた「作ったあと」の戦略
・オラクル、SAP、セールスフォースなどよく利用される業務システムのボット部品があらかじめ用意されている
・39部署・460業務にRPAを展開し、13万2,000時間を削減した事例も

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!