開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

株式会社セールスフォース・ドットコム提供コンテンツ

  • スペシャル
  • 会員限定
  • 2019/11/29

MAを始めるその前に。導入で「損する企業・得する企業」分かれ目となるポイントとは?

ほとんどの企業が自社のWebサイトやSNSを活用する現在、見込み客と接点を持つことが容易になった。しかし、そのようなオンライン上で得られた“顔の見えない見込み客”へのアプローチに苦戦する企業は多い。そこで注目されているのがマーケティングオートメーション(MA)だ。MAを期待はずれに終わらせないために、導入前に知っておくべき5つのポイントをまとめた。

photo
今さら聞けないマーケティングオートメーションの基本を解説
(Photo/Getty Images)

接点が増えたは良いが、使い切れない「見込み客とのタッチポイント」

 ITの発達によってマーケティング手法は大きく変わった。名刺交換が主流だった時代は、顧客になる可能性がある相手、いわゆる「見込み客」の発掘にもひと苦労だった。

 現在はWebサイトやSNSなどで、見込み客との接点を持つことは簡単だ。しかし、見込み客とのタッチポイントが増えたは良いが、有効に使いこなせていない企業も多いのではないだろうか。

 オンライン上で得られる見込み客は、もちろん顔が見えない。そのような見込み客に効率的にアプローチするための手段として注目されているのがマーケティングオートメーション(MA)だ。

導入すれば売上が伸びるわけではない

 MAとは、見込み客の情報を可視化・一元管理し、行動パターンに応じたマーケティングの実務作業を自動化するツールだ。すでに国内では約5000社が導入していると言われている。

 MA活用のメインはマーケティングや営業部門であるが、昨今はカスタマーサポートや、人材育成などあらゆる接点構築へと活用が広まっている。MAが急激に普及した要因として、主に挙げられるのが「顧客行動の変化」「休眠顧客への対応」「人手不足への対応」の3つだ。

 どの要因も、ほぼすべての企業が課題として意識していることだろう。ただ、言うまでもないが、どの企業もMAを導入すれば必ずしも売上が伸びるわけではない。

 今後も導入企業の増加が予測されるいま、MAを期待はずれに終わらせないために、導入する前に知っておくべき5つのポイントをまとめた。

photo

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!